日時:2015年2月11日

参加者;後藤・佐々木(克)・佐々木(比)

ルート等;千町原登山口西側除雪終点 9:40 発~954P10:40 発~稜線縦走路 11:40 発~      臥龍山頂上 12:35 着=12:50 発~<正面登山道>~除雪終点 14:15 着

戸河内道の駅反対側の駐車場で後藤さんと待ち合わせる。駐車場で、JAC の新山さんと岡谷さんに出会う。お二人も臥龍山へ行かれるそうで、ただし山スキーらしい。
千町原登山口西側除雪終点へ着くが、先に出た岡谷車が見えない。かりお茶屋へ行かれたようだ。
ほかに車は止まっておらず、当然トレースもない。ワカンを装着し出発する。
雪は湿って重いが、思ったより沈まず、いい感じである。風も弱い。
千町原登山口の看板もほとんど雪に埋まっている。ここからは正面夏道ではなく、山頂に向かって左側の尾根に取りつく。岡谷さんたちが見えないかと見渡すと、かりお茶屋側の尾根に取りつこうとしていると思われる3人組が見えた。どこかで合流するだろう。
このルートの登りは、はっきりとした尾根筋であり、高いところ、高いところを目指して行けばよく、迷いようがない。3人で交代しながら軽くラッセル。汗が出てくる。
出発から1時間弱で954P へ到着し、休憩する。そこへ3人組が現れた。先ほどの人たちだろう。挨拶を交わしていると、「ここはどこか」と聞かれた。話を聞いてみると、正面登山道を登るつもりだったようだ。地図は持っておられたので、現在位置が954P であり、このまま尾根伝いに稜線に出て縦走路と合流し頂上へ行く旨を説明する。3人が先発する。
3人組のトレースを追っていると左側からスキーのトレースが上がってきている。岡谷さん達だろう。3 人組の姿が見えてくると、後藤さんのピッチが上がった。ついて行くのがちょっと大変です。
3人組を追い越してからも後藤さんのピッチは落ちない。954P から1時間弱で稜線にでた。1本。
ここからの登りはちょっときつい。気合を入れて出発する。しばらく登っていると岡谷さん達が滑り降りてくる。カッコいいですね。少し話をして分れる。出発から3時間弱で頂上へ着いた。頂上の大岩がほとんど埋まっている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一息いれて腹ごしらえをし、下山にかかる。帰りは正面へ。トレースはない。面白そうだと下り始めると、7~8人が登ってくる。トレースがしっかりできてしまい、ちょっとがっかりです。まあ人
気の山だからしょうがないですね。無事に14時過ぎに出発地へ帰り着く。

さあ、次はどこの山へ・・・
担当;佐々木克