日時:2014年11月29日~12月1日

参加者:稲田、坂本(係)、会員外2  計4名
ルート:11/30  11:25 保井野登山口-12:36~43 シャクナゲ尾根-13:20 水場-
13:52 梅ヶ市分岐-14:30 愛大小屋着
12/1  6:00 出発-6:40 日の出-7:30 二の森-9:35 三の鎖~10:18 弥山頂上-
12:00 成就社-12:40 ロープウェイ駅-13:00 ロープウェイ

堂ヶ森からの縦走を1度やってみたかったが、なかなか機会に恵まれなかった。やっとパイオニア例会で決行!と思ったが梅ヶ市登山口は木の伐採中で年内は「入山禁止」となっている。保井野から西之川に車を回送するのは、大層時間がかかる。あー、あーと思いながらも結局、保井野から登ることにする。
保井野からの登山道は、なかなか整備されており快適だ。霧の中、高度を稼いで行く。シャクナゲ尾根の急登をいい汗を流しながら登る。11 月の終わりということで、雪の心配もしていたが、前週の暖かさで、全部解けたようだ。アイゼンも車に置いてきた。水場は愛大小屋の横にもあるが、条件によっては涸れていることもあるようで、水場から各自プラティパス一杯に歩荷する。
梅ヶ市分岐から稜線にでる。多少の風はあるが、笹原の中を快適に進む。愛大小屋は想像どおりのピカピカ!トイレ棟も先日、出来たばっかりでピカピカ!愛大小屋は地元の人が頻繁に宴会をするのか、テーブルあり、銀マットに毛布、シェラフ、座布団、そして焼酎。。。ヌクヌクで非常に快適な小屋で過ごすことができました。お世話になりました。1 泊 1 人500円なり。
今晩のメニューは、昨日丁度もらったシシ鍋。お酒も全~部飲んで、心地よく眠りに着く。

翌日、薄明るくなりかけたところで出発。星がきれーい。笹の縦走路をドンドン進む。高知の方角から日の出。まるで、「新年あけましておめでとう」と言わんばかりの、ちょっと感動的な日の出に、各自、カメラでカシャ、カシャ。
二の森からは石鎚山頂まで、ずーっと展望がよい。午前中はなんとか天気は持ちそうだ。面河からの登山道と合流すれば、頂上まであと一息。三の鎖に着くと小屋が建て替わって、とってもきれいになっている。が、鍵がかかっており、ガラス小窓から中を除くだけ。久しぶりに鎖を登って頂上へ行く。今日歩いてきた道がずーっと見える。西赤石、東赤石の方まで見える。たぶん三嶺だろうの山も見える。なかなか行けない平家平にはいつ行けるのだろうか?頂上を堪能して下山。秋に来たときに工事していた二の鎖小屋は立派なトイレに建て替わってい
る。おまけに、休憩所まで出来ているではないか。これは「泊まりにこい」ということだ。今度の冬は、ここで鍋じゃね。成就まで降りて、無事登山のお礼参り。ロープウェイは丁度よく、10分後に出発。西之川に降りるとポツポツポツ。なんとか駐車場まで雨は持ったようだ。西之川の温泉に行くと、いつもビバーグしてた賽銭箱のところが改装され、脱衣所がきれになっていた。そして「みそ汁の湯」と呼んでいたお湯は、なんだか減塩効果で薄くなっていたが、ツルツルには変わらない。20
年越しの思いでやっと堂ヶ森から縦走ができた。みなさん、ありがとう!!

記 坂本