日 時:平成 26 年 7 月 6 日(日)曇り後雨

参加者:坂田,佐々木(克),後藤,橋詰

時間記録:7:10 寂地峡駐車場集合~7:50林道駐車場~8:05 出発 8:30 入渓~13:40 稜線縦走路~13:45 寂地林道への下山分岐~15:50 寂地峡駐車場~17:00 出発地車回収

20150706-2行動記録:駐車地点から林道を歩く。傍を流れる深谷川は水量が少し多いが濁りはなく一昨日の雨の影響は少ない。天気は曇りだが明るいので天気予報どおり昼からの雨と予想した。林道終了点の手前の橋を渡り入渓した。入渓地点は川幅が 10m位の床滑で快適な沢登りの期待が膨らむ。すぐアシガ谷との分岐を通過し,小さな滝が時々現れ始める。F1 の 3mはどれかと言っていると本格的な 5m位の滝が現れた。ここは,滝の右のチムニーをシャワークライミング。20140706-1ロープを出して後続を確保していると「巻き道があった」と二人が滝上に登ってきた。最初は濡れたくない気持ちもわかる。F1 から F5 までは記録と現地との滝の数や高さなどが合わず,まるで謎解きの沢登り状態で,各人が持っている資料の違いもあり現在地の確定が賑やかになる。そのうち,小さいながら滝や淵が出てきて,リーダーはシャワークライミングと淵のヘツリトラバースに熱中し休憩も忘れる。20140706-3この沢の核心と思われる F6(15m)はさすがに見栄えも良い。記録では右側の高巻きと滝の左の岩壁の登りが書いてあるが,今回は滝左の岸壁を登る(ロープ使用)「西中国山地の沢」の記録から F6 を過ぎメインは登ったと安心していると,F7 から 5m程度の滝が次から次へと現れなかなかの気が抜けない。最初の一か所右岸を高巻きしたが,そのほかは直登した。沢の幅が狭くなり水量も減少してきたところで,左の斜面を直上し 5 分間の登りで寂地山から南下する縦走路へヒットした。藪漕ぎが少なく簡単なのがこの沢の魅力だ。5 分ほど寂地山の方向へ行くと林道への分岐点,このあたりから雨も本降りなってきた。沢装備のまま合羽を着て下山。途中で 2 回大きなカエルを踏みそうになりカエルに睨まれた。

記 橋詰

印刷 印刷