日時:2014年6月29日(日)

参加者:大西・中村・稲田

時間記録:9:15 どんぐり村出発~9:38 登山口バス停~9:47 登山口P~9:58 駒ヶ滝分岐~11:08 駒ヶ滝で休憩~10:20 林道/龍の馬場 10:48~前龍頭山~10:55~休憩11:05~中龍頭山 11:20~龍頭山/昼食・写真~11.55/12:25 林道12:45~13:10~野の花カフェ~13:45 どんぐり村着

ryuzu3行動記録:梅雨の真っただ中、天気予報も当たらないし…どうなるかな?と思っていたらいい天気の上に気温30℃とか、竜頭山は汗汗汗の初山行(私だけ)になりそう♪今のところ良子さんと二人かな??熊が日常的に出るよーと聞いている芸北。熊避け鈴にラジオまで用意。大西さんから「参加します」の電話 あー良かった。当日8時30分、どんぐり村Pには大西さん、中村さん既に到着。産直の野菜など見ながら準備をして9時過まで待機。今日は滝見コースで登り稜線/掛札コースを下り、車道を戻る一周の予定。9:15 出発 車道を入口まで下り左折すると間もなく「竜頭山登山口」の大きな看板とバス停。民家が終わると左右は杉林の薄暗い道路を上って行く。左手に細い川と三叉路。正面に「竜頭山登山口近道」の立札、迷わずそちらに。気持ち得して登山口に到着。駐車場には 3 台。ロータリーを左方向へ別荘地の中の道を登って行くと登山口標識と竜頭観音4の看板にWC。ようやく土の登山道になった。思ったより広い道を一汗かいた頃駒ケ滝入口の分岐。滝の上部が見えすぐに到着。落差 36m、修行の滝だったらしい。しぶきが霧のように降って滑りそう。間近まで行って写真を撮る。小さな神社もあり滝で小休憩。大西さんが「冬はこの辺はツララが出来てきれいなんよ」と言われていた。滝も凍るのだろうか?間もなく右にカーブ「権現坂」の道標。ちょっと急登で階段になっている。林道と出会うここが龍ヶ馬場。5~6台は駐車可能。トイレがありパイプからは山水がドウドウと出ている。「ここテント張れそう」いい場所を見つけた気分。前龍頭 1.6 キロの標識の前を登山道に、南にジグザグ登ったら岩がせり出した展望岩。安全柵あり。すぐ先の前龍頭で二回目の休憩。良子さんの冷えたアンズが美味しかった。急登クリア緩やかになったところで東屋のある中竜頭。今度は見上げるように階段が続く。緑の天井はもう無くて暑い。全身汗だく、近場の山をなめたらいけんねーと言いながら今日の目的地 龍頭山に到着。立派な山名の看板と石の展望図。東屋で昼食。やがて 2 名の山ガール到着。彼女らは富士山登山の練習らしい。頂上で休んでおられた中年の男性にシャッターをお願いし記念撮影、下山開始。なだらかな稜線を下り西側の別荘地通過。3軒ほど利用に来られていた。30 分で林道に。県道に出る手前に「野の花カフェ」営業中とある。民家を改造したレストラン。大勢のお客さんで大繁盛。コーヒーだけでもOKとのこと。思いがけないティータイムに満足。美味しいコーヒー¥400なり。掛札バス停では絶妙のタイミングでバス。残念!中学校のローターりーでUターンした。予定通り道路歩き。前・中・龍頭山と連なって雄姿を見せている。花は少なかったが期待したササユリは2・3本見ることができた。天気が良くマムシ・熊に遭遇することも無く楽しい山行でした。お世話になりありがとうございました。早いので志路原川沿いを入ったところにある万徳院を散策。毛利元就の孫 吉川元長が自らの菩提寺として建立。発掘調査で見つかった建物跡を歴史公園として整備したもので蒸気風呂の体験ができるそうです。気持ちの良い場所です。15:25 万徳院で解散

記録 稲田印刷 印刷