2014年5月31日(土)

記    井ノ口孝臣
参加者  中村 稲田 大西 成安 井ノ口  計 5名

コースタイム
戸河内道の駅 9:10~登山口(こしまつ橋) 10:20 10:25~春日山 11:40(昼食)12:40~
登山口(こしまつ橋) 13:40

歩行時間 2 時間 15 分

毎月土曜日はツアーで埋まっているものの、今年は三度しかない第五土曜日となったので係りを請け負った。
今回の春日山は島根県益田市の匹見に位置し、アクセスは公共機関の全くない山域である。以前はどの山域でも山深い集落まで路線バスが通い、マイカーの発達していない当時、我々登山者は登山口までのアクセスとして随分利用し、助かったものだ。
しかし、時代の流れとともに山里の人口の減少等で公共機関がなくなり、マイカーに頼るしかなくなった。春日山もその例にもれず、匹見町の県道 307 号線から分かれて登山口方面に車を走らせると道路幅はだんだん狭くなり、所々に点在する民家も廃屋が目立つようになる。
マイクロバスがやっとの狭く、くねくねとカーブの多い林道を進むと、やがて小さな橋を渡る。この橋が「こしまつ橋」。渡った所に小さな広場があり、登山者はここに車を置く。そこから先、一般車は進入禁止となっている。昨年の秋、橋の手前で熊が我々の目前を横切った。マイクロバスの中だったから良かったものの、歩行中だったらと思うと「ぞうっ」する。

身支度をして出発。しばらくの林道歩きとなるが、前回訪れた時に林道の延伸工事を行っていたが、以前は、林道終点から左にふって山道に入り、すぐに美都からのルートと合流していた。しかし、前回は延伸工事のため道を迷った苦い経験があり、今回はその経験のもとですんなりと登山口に着く。山道を少し登ると再び延伸した林道にぶっつかった。現在は予算の都合で工事はストップしているようだ。しかし、なんのための林道?全く理解出来ない。私が知っているだけでも、福田頭、吉和冠山の潮原側、そして、岳山は登山口から延伸工事を行い、登山口から歩いて 30 分程の所で終点となっている。
まだまだ私が知らない全国のあちこちで無駄な工事が行われていると思う。この工事予算を東北の被害地に回されないのか。アベなんとか云うバカ者のために一部の業者が笑いが止ま
らない程儲かっていると思う腸わたが煮えくりかえる。

再び山道に入り、樹林帯の中をそれなりに登っていくうちに傾斜がきつくなってきて、 1,000m、500m、100m との表示板に導かれ、やがて鳥居が見えてくるとそこが春日山の山頂だ。
山頂には春日神社の小さな祠が木立の中に鎮座し、毎年 8 月には祭礼が行われているとの事。
木立を抜けると草原になっていて、そこから吉和冠、十方山、半四郎、広見、恐羅漢等が展望出来きる。ここで弁当を広げようかと思ったが、太陽が近くなったせいか、淋しくなった頭が思いのほか暑くなったので木陰に逃れ、おじさん?とおばさん?の 5 名、なんやかんや
と話に花が咲き、1 時間程過ごして登って来た道を戻る。

途中、191スキー場の所でカキツバタ?を見に行くと云う稲田さん、中村さんと別れ、戸河内の道の駅で休憩していると、二人がやってきた。「全然咲いてなかった」との事。ともあれ、熊にも会わず、マムシにも会わず、これまであまり話しをする機会のなかった中村さ
んと稲田さんに語り過ぎる程話しが出来た最高に幸せな一日でした。
春日山山頂  井ノ口撮影