日時:2013年4月26日~30日

参加者 稲居 堀内 会員外2名

GWの例会、参加希望が二人のため、車代節約を考え、知人のО さんに声掛けし、もう一人
Sさんも含めて4人で爺ケ岳東尾根に行くことにした。
4月26日夜、0さんの車で出発。27日早朝大町着。冷たい雨がしとしと降り、今日の行動は諦める。
この日、白馬では山口の方が雪崩で遭難されていた。

鹿島の加納家(鹿島山荘)を確認し、今日は木崎湖温泉の安い民宿に泊まることにする。
食事はおいしく、量もたっぷりで満足。早々に寝る。
28日、鹿島山荘に戻り、身支度を整えて7時30分出発。
いきなりの急登に皆、喘ぎまくりのスタートとなる。
雪は尾根に出るまではほとんどなく、まるで里山を歩いている感覚だが、天気も良く
まずまずのペースで途中、何度かの休憩を挟んで、11時30分ジャンクションピークとP3 の中間点あたりで先行のパーティに追いつく。
彼らはすでにテントを張っている。
我々も少し早いとは思ったが、風も少し出てきたので、ここで幕営することにする。
(後で反省。もう少しルートを延ばしP3 まで行けば翌日、少しは楽だった。)

好天の東尾根。まだ余裕が・・
29日5時30分出発。
思いのほか、どんどん西から怪しげな雲が湧いてくる。
風も少し出て、おまけに重い雪にうんざりしながらも5時55分、P3 到着。
鹿島槍が美しい。P2 を越えてナイフリッジを通過するが、風が弱いのでロープを出すほどではない。吹雪かれるとアンザイレンしたほうが安全だろう。
ここから、矢沢の頭までがとてもしんどかった。湿った雪がアイゼンにことごとく付いて、2~3 歩ごとにはたき落さなければ、まるで花魁道中のようだ。
9時40分矢沢の頭着。風が強くなってきた。
ここから、爺までのだだっ広い尾根は、非常にしんどかった。
皆、ヘロヘロになって10時45分爺ケ
岳中央峰へ。

単独行の女性に写真を撮ってもらう。
顔は余裕の作り顔で、身体はガタガタの
4人。
このころから少し風が出てくる。
東尾根を振り返る。

10分の休憩を挟んで、一気に冷池小屋へ。
かなり、雪が降ってきた。テントを張り、小屋でビールを仕入れて、今日の行動を終える。
冷池小屋はずいぶん立派になって、トイレもとても綺麗で水洗。
小屋のスタッフも気さくに応対してくれた。
昔の山小屋のイメージはどんどんなくなって、我々の思いはずいぶん昔の記憶となっているよ
うだ。

鹿島槍の双耳峰。
30日、昨夜から雪と風であまり眠れなかった。
鹿島槍はこの天気では無理と諦め、下山することにする。
7時、テントを撤収後、冷池小屋を出発。ガスと雨交じりの雪で視界が全くきかない。
赤岩尾根へのトラバースはとても怖くて冷乗越まで登り返し、下降地点を探すがほとんど視界がなく難渋する。ここでО さん、さすがベテランの判断でやっと下降場所を見つけるが、ズブズブの雪と雨でルートを間違えると大変なことになるだろう。
実際、別のパーティが赤岩尾根のルートを間違え、懸垂を3回交えて西俣の出合いに降りてきた。
赤岩尾根は一般ルートとはいえ、非常に荒れており、おまけに腐った雪に足を取られて本気の滑落?をしてしまい、右足を痛めてしまった。
幸い、危ない所ではなかったのでたいしたことはなかったが、今回の山行で一番苦労したのが、この赤岩尾根の下降だった気がする。
11時40分にやっとの思いで西俣出合へ。痛む足を引きずりながら12時20分大谷原に着
き、今回の山行を終える。お疲れ様でした。

堀内