日時:2012年11月2日夜~4 日

参加会員 堀内・稲居・稲田

コースタイム
11/2 21:30 西条駅~福山西 IC~今治西~24:40 筏津バス停 H
11/3 7:08 出発 7:30 筏津コースと合流地点 8:15 瀬場谷分岐 左股コースへ
10:00 渡渉終わり 10:40 山荘 13:10 赤石八巻ピストンして山荘に帰着
11/4 7:25 出発 7:40 石室越 8:15 前赤石分岐 8:28 物住頭 9:20 西赤石
10:35 銅山越 11:15 ダイヤモンド水 12:00 日浦登山口 13:10 筏津

いつまでも暑くて秋は何処に?と思っていたら一気に冷え込み防寒着をザックへプラス。
鉄人2人と緊張?の山行。寒くなったので野菜をたくさん歩荷して鍋にしようと思っていたら稲居さんから嬉しい連絡「ご飯係りしてあげるよ!!」即答で「お願いしまーす」
21:30 分西条駅に集合。大きなザックの稲居さん登場、堀内車で出発。福山西 IC まで下道で行く事にする。夜なのでスムーズに走れて今夜の宿、筏津バス停 H に1時前に到着。建付けの悪かったドアは綺麗なガラスの格子戸に変身していた。ちょっとビールして爆睡。
11 月 3 日
6:00 起床 いい天気になりそうな気配。結構寒くて稲居シェフの温かいお粥が美味しい。廃業となった筏津山荘 P に車を移動。
7:08 出発 道路脇に「瀬場登山道 至 赤石山荘」と書かれた登山口。階段状の取付きから 20 分程登った辺りで筏津コースと合流して右折。落ち葉を踏みながら整備された広い登山道を行く。
標識の傍で最初の休憩。衣類調整と水分補給等々…
道は少し急登になり崩れた山肌の崖に木の橋とロープの箇所があった。登り詰めたら木々の間から前方遠くに立派な八間滝が見え写真を撮る。間もなく丸木の滑りそうな橋を渡り瀬場谷の分岐に到着。右は直登コース。今日は念願の左股・瀬場谷コースを行く。登山道とクロスする渡渉。たくさんの小さな滝と木橋をクリアしながら川沿いに登って行く。
ここは黄葉が多く真っ赤なモミジがあると絶妙のコントラストに足が止まってしまう。
川が細くなり滝になりここが最後の渡渉地点。これからゴロゴロ石の登山道になる。標高も 1400m を越え気温の低さを感じながら進むと急に視界が開け赤石山・八巻山が見えるがガスって頂上は望めない。棘のある低木に痛い目に遭いながら山荘に到着。貴重品だけ持って八巻山・東赤石山ピストン。お亀岩の西側斜面は木は樹氷になっているしツララが下がっているしビックリしながらよじ登り稜線に出ると登ってきた南斜面は紅葉の秋。反対の北斜面は樹氷で雪が降ったように真っ白。
1700mはすごい。途中人に出会わなかったが頂上には数人の方が休憩されていた。稜線から戸の開いた山荘が見える。安森さんが来られたのだ、これで電気が点くと安心。山荘に戻り今夜は我々の貸切だと聞く。ガスが晴れ真っ青な空にパノラマのような綺麗な稜線に見とれてしまう。しかし裏の池も干上りあれ程の量だった水が今年は止まってしまったそうだ。汲置があるから大丈夫とのことだが… 夕飯は稲居シェフの焼き肉、ビールが美味しい。安森さんのハーモニカで山の歌集を大合唱。外は満天の星、気温は0℃ 呑んで喋って楽しい思い出の一夜となった。
11 月 4 日 5:30 起床 ゆっくり朝食をとり 7:25 分出発。
山荘の左側から石室越まで少し登り稜線へ出る。前赤石の分岐を見逃して岩場の長いトラバースを注意しながら行く。ベテランクライマー二人は軽々とクリアして早いこと!時折姿が見えない私に気付いて待ってもらう。ミヤマハナゴケという名の、どの岩にもたくさんあるサルの腰掛を4枚丸く繫いで並べたような不思議な模様?紋様?が何故か面白くいちいち見入ってしまう。岩が終わり物住頭に着いた。ここから西赤石までは安森さんがキレイに草を刈って下さっているそうでもったいない程楽だ。西赤石でゆっくり休憩を取り草丈の高い道を銅山越へ。ここからは別子銅山の歴史の中を歩くのだ。行き倒れた無縁仏の墓、女性でも 30 キロ歩荷している像、過酷だったんだろうと話ながら牛車道をダイヤモンド水に着く。ここからは煉瓦の招待所跡、劇場跡、小学校跡と当時の繁栄が想像できる建物の残骸を見ながら日浦登山口の着いた。筏津山荘まで延々道路歩きだ。ちょ
うど一時間でゴールのバス停に。帰路、マイントピア別子温泉で汗を流し広島へ向かう。

今回の赤石は念願の瀬場左股コースが歩けてうれしい山行でした。クライマーのお二人は足場がありそうな岩を見つけると子供の様に登り始めたり、あそこに○○をつけたらコースが出来ると目を輝かせて「変なオッサン」と思われそうじゃ~と言いながら楽しんでいる様子が面白い。樹氷、ハーモニカ、合唱とハプニング盛りだくさん楽しい山行でした。
堀内さん、稲居さん ありがとうございました。

記録  稲田

凍った岩          東赤石山頂       お亀岩を持上げる