日時:2012年9月29日

参加者 稲居 堀内 稲田 木村

台風が近づいていた9月29日土曜日、天気予報を睨みつつ「明日の山行を行うべきか・・」悩んでいると、堀内さんから「どうする~。」と電話があった。
何とか台風はそれそうだし・・・明日6時まで様子を見ようということになった。
30日6時前には雨が降っていたが山行を決定する。
7時過ぎにアストラム沿い、沼田の「わたや」に集合して、西風新都インターに入り六日市インターを降りて187号線を上り、県道を右折すると「ゴギの里」のキャンプ場に着く。
このキャンプ場はきれいに整備されており、家族でキャンプするにもよいところだ。
9時、雨支度をして登山口を出発。林道にかかるとすぐ、ツリフネソウの群落が迎えてくれた。
大きなカエルも迎えてくれたのに、踏んづけた人もいた!
30分ほど歩くと、いよいよ山道に入る。
雨は相変わらず降っているが、快適な山道である。いろいろと秋の花が咲いていた。
かなり急な坂道を登ること一時間。なんと雨がやんできた。
この頃から展望が開け、雲海も見えてきた。しばらく登ると立派な避難小屋が見えてきて、稲居さんが「見たことがある・・・来たことがある・・。」と言い始めた。
4人共、安蔵寺山は初めてと思って登ってきたが稲居さんは以前登ったことがあるようだ。
小屋からしばらく登ると、すばらしい桟敷が現れる。9合目くらいか?
頂上の方で人の声がする。大きな岩をまいて11時半頂上到着。晴れていたら石鎚山も見える
展望なのに・・・

ガスって何も見えない・・頂上でモンベル主催のアウトドアイベントが開催されていた。高津川をカヌーで登り、自転車で乗り継いで安蔵山に登るというイベントだった。
昼食は下山して、下の桟敷で取る。
12時50分下山開始。地図を見るとこのコースは直登コースだった。
皆、すってんころりんで、一時間(登りの半分)で下山した。
林道を30分歩いて、駐車場に2時20分着。この頃から再び雨が降り始めた。
六日市温泉へ直行。ゆっくりと温泉につかり今日の山行を終える。

水も滴るおっさん3人
岩陰から現れた山の精霊・・・?

木村照男 記