日時  :2020年6月21日(日)

参加者 :堀内 原田 南場 槙 花田 小田

担当  :小田

行程  :毛無山登山口5:30=6:00三平山登山口車デポ=6:30毛無山登山口

毛無山登山口6:35…8:00毛無山8:10…8:50白鳥山9:00…9:55標高 956 m地点

…10:50金ケ谷山11:00…11:35朝鍋鷲ケ山(昼食)12:00…12:40穴ケ乢12:50

…13:20三平山13:40…14:40林道…15:20三平山登山口駐車場=16:00毛無山登山口駐車場

新型コロナ禍ではあるが全国移動の自粛解除となり、県をまたいでの移動も可能になった。新庄村役場に問い合わせでは田浪キャンプ場は6月中は閉鎖との事で、役場には車中泊で縦走山行の予定を報告をして実施した。

毛無山へのブナ林

車3台で三平山登山口であろう場所に向い、2台の車をデポ。車道は快適だが片道 17 km 30分要し車デポに往復1時間掛かった。

朝の涼しい中ゆっくり毛無山に向う。花の少ない時期ではあるがコアジサイ、オニシモツケが咲いている。合目ごとに標識があって美しいブナ林に励まされながら登る。毛無山頂からは霞と雲で大山は望めなかった。

毛無山から白馬山、金ケ谷山、朝鍋鷲ケ山までずっとずっとブナ林が続き日差しを遮ってくれ快適にアップダウンを繰り返しながら気持ち良い縦走路を歩く。毛無山から白馬山まではカタクリの種穂が広い範囲にあり、春の賑わいが想像できる。朝鍋鷲ケ山手前で大山、烏ケ山の眺望ポイントがあった。朝鍋鷲ケ山では多くの登山者が賑わっていて、日差しと登山者を避け昼食を摂った。

毛無山山頂

穴ケ乢からの三平山への登りは急で、ここまでの長い道程の疲れに堪えながら最後のピークに三平山に到着した。歩いてきた山々と、眼前の大山、烏ケ山の眺めを堪能して下山に掛る。ここまでは予定より早く出発したこともあり快調だった。酸っぱく美味しいキイチゴを味わいながら車道に降り立った。あれ?車を置いた所の景色が違う!

車道を右往左往しデポした我々の車を探す。数十分掛け見つかりはしたが、失敗の3要素「思い込み、情報不足、慢心」全部が露見した。「三平山頂へ」の標識を、「三平山登山口」だと思い込み、登山口に至っていない所に駐車したのが原因だった。

全員無事毛無山駐車場に戻る事ができた。歩いた距離は 15 km、山中9時間、夏山の良いトレーニングになった。

 

朝鍋鷲ケ山近くの展望から大山を望む

ブナ林の縦走路

三平山山頂からの大山、烏ケ山