日時 :2019年12月14日(土)午後~15日(日)
参加者:堀内 後藤 原田 荒平
担当 :長沼 稲田

< 当初計画の 鷹ノ巣・カンノ木を 八本松町吉川の < 槌山 > に変更。
前日の幕営地~長寿の森公園へ車移動
ルート:長寿の森10:50 登山口10:57~戸坂峠分岐 11:24(休憩)~笹ヶ峠分岐11:35 (笹ヶ峠ピストン)
笹ヶ峠分岐14.:10~鬼が丸城跡14:26~槌山14:56~15:20~長寿の森P15:47

 

予定の幕営地は前年の水害に因る通行止めで閉鎖中。
水道は休止、トイレ使用不可
装備・水は各自歩荷。テントとトイレブースを設営。
早めの宴会始まり、暗くなる頃には全員が揃った。
種々のアルコールとあったか鍋にスィーツも登場!! みんな賑やか~
酔い覚ましに外に出ると満天の星☆☆ なかなか楽しい宴会だった。

この頃 テン場も避難小屋も簡易トイレブースが多くなっている。
下山した所で回収BOXも何度か見たことがある。
今回の忘年テント泊山行を実践練習、いい勉強になったと思う。
メーカーで様式も様々。安心安全に運べる事を第一番に、
抵抗無く使えよりグレードアップした商品が開発される事を期待!
翌朝はゆっくり。風でテントは乾いているし撤収も片付けも素早い。

 

 

幕営地から約1時間、県道335「長寿の森 豊穣池」の駐車場に到着。
県道335の三叉路手前まで戻り、火の用心の黄色い札が登山口。
西へ急登のスタートだがすぐ尾根に。視界が開けたら広い作業道に。
送電線と鉄塔を通過し戸坂峠の分岐に。槌山へはこの尾根を北に。
次の分岐は笹ヶ峠へと続く。ピストンすることに。

分岐から見える範囲はいい道で安易に軽快に1時間半コースかねえ!
方向が西に変わり高低差の無い不明瞭な尾根、古い赤テープあり。
サンキライに阻まれヤブを迷いやっと明確な道と思った矢先の激下り
続く激登り。「帰りはこの逆で~誰が転ぶかのぉ~落ちるかのぉ~」
着いた笹ヶ峠は崩れた土砂に倒木が重なり無残な状態だった。
予定の倍の時間で笹が峠分岐に戻って槌山へ。

 

 

分岐を北東へ登りきった所で登山道が東へ曲がる。
ここで分岐?を左へすぐが410ピーク、鬼が丸城跡。
大内の槌山城を攻める毛利の拠点になったらしい断崖の岩山だ。
長寿の森分岐に鬼が丸の案内板。見上げる急登は150段の木製と
アルミの階段。頂上には槌山の説明板とベンチ2つ。
下界の西条盆地なかなかの眺望だ。
下山は長寿の森分岐まで戻りちょっとだが草木を摑む急下りをクリア
30分で豊穣池 真正面の登山口にゴール。
7kmで約5時間 盛りだくさんの楽しい山行でした。
ありがとうございました。

 

記録 稲田