日時     2018年4月6日(金)夜~7日(土〉 曇り・小雨・晴れ間

集合&時間 6日(金)夜22:00 山陰道・加茂岩倉PA仮眠 6:00 出発
コース 
   

弥山P7:00 ~ 弥山頂上8:00 休憩~ 鼻突峠8:38 ~天台ヶ峰南峰8:58 ~樽戸峠9:08休憩 ~
   鈴谷峠9:51 ~万ヶ丸山10:05 ~遙堪峠10:20休憩 ~大黒山~天ヶ峰~矢尾峠11:09~鼻高山11:35休憩
   伊努谷峠12:18~ 屏風岩・高清水山12:47~ 旅伏山13:20~ 康国寺登山口14:29

参加者   後藤 橋詰 原田 坂本 稲田(山行担当・記録)

  涼しい時期にリベンジしたかったアップダウン。今年は桜が咲いた3月末からずっと晴れ続きだったが
ついに雨模様に・・・大社への下りが悪路とのネット情報、予定の逆コースに決める。康国寺Pと途中に
1台づつデポし大社修理免Pへ移動。
 駐車場から民家を抜けると弥山登山道の標識。鹿避けの金網柵を開けて登山口へ。情報通りロープが張られた
ジグザグ急斜面。昨夜の雨でプラス悪路になっているようだがすぐに整備された登山道になった。8合目過ぎ
岩道になり急な小岩場を梯子を登るように上がったところが弥山山頂。コンクリートのお社の中で休憩。
風が強いし一瞬だが吹雪。少し下がったところに三角点と分岐。

鼻突坂

涅槃坂

鼻高山 536m今回の最高峰

駄戻し

旅伏山

すぐに三大急坂の一つ目「鼻突坂」滑らないように
ロープや木を頼りに岩を下り鼻突峠。遙堪への分岐だ。
アセビの花が咲いていて強風ときどき吹雪で寒いが
ゆるいアップダウンの稜線を樽戸峠へ。

二つ目の「涅槃坂」急そうでないけど急、登って登って
クリアしたところが極楽山。
鈴谷峠・万ヶ丸山・遙堪峠と続く。
遙堪峠は広くベンチもあり県自然公園の標識がある。

時間も早いし寒いが頑張ろう。1時間で鼻高山到着。
広い頂上アルミの脚立、三脚替りにして記念撮影。
少し進んで風を避けて休憩。

歩き出して間もなく長~い大下り、三つ目の「駄戻坂」
必死で下り標識に気付かず無事にコルへ。
正午過ぎ伊努谷峠、下った辺りにデポしてあるが、
気まぐれ晴れ間がのぞき、ゴールを目指すことに。

屏風岩の標識、道なりだと崖は無さそうでちょっと戻って尾根道に。
除くのは恐そうな屏風岩に。ルート図には書かれてない
高清水山に行けておまけです。まだ新しい看板が掛けてありました。
もう坂はないし中国自然歩道のいい道を旅伏山三角点・
北ピークの東屋で一休みしてもうひと頑張りです。
膝が痛くなる程の何百段もの階段を下ってゴール。
多くののテープや標識があり迷うことは無さそうで
ほぼネットの記録タイムで完歩できました。
個人的には3度目の正直で繋がり皆様に感謝です。
ありがとうございました。

  ※全天候の山行のうえ、付録は帰りの山陰道、雲南吉田~口和間の冬用タイヤ規制でした。