日 時  平成27年11月29日(日) 晴れ時々曇り

参加者  佐々木(克),槇,後藤,橋詰,A(会員外)

【行動記録】

6:50 三平山登山口-三平山-穴ヶ乢-朝鍋鷲が山-金ヶ谷山-12:00白馬山-13:00毛無山-14:10田浪登山口

【行動経過】
計画では毛無山から三平山への縦走予定だったが,前日のキャンプ場を変更したため三平山からの縦走となった。結果的にはこの変更が幸いしたところもある。
三平山登山口を出発するとすぐ蒜山の山々の東から朝日が昇った。黒い雲が多少あるが風もなく時々日が差す予想以上の良い天気となりそうな一日の始まりだった。

151129_0906

151129_0906


しばらく登ると笹原は一面雪におおわれてきた。三平山は半分くらいから上は木がないので二三日前に降った雪が15センチくらい積もっている。雪の上にウサギなどの小動物の足跡が現れ,土塁の上を先行するウサギパーティーのトレースをたどっていると,頂上手前でキツネが現れ先導してくれた。
三平山の頂上で大山と蒜山の姿を眺めた後,穴ヶ乢へ下っていく。この激下りとその後の激登りは雪で滑りやすくなっていたこともあって,今回の縦走の核心だった。
2015/11/29 10:39

2015/11/29 10:39


朝鍋鷲が山からの縦走路は,時々滑りそうな急下りや急登りを繰り返しながら徐々に高度をあげ金ヶ谷山から白馬山へ続く。左右の立木は葉を全て落としているので眺めが良くなっている。右手後ろに大山と烏ヶ山,左手に土用ダムなどを見ながら進む。
12時ころに白馬山に到着すると最後の毛無山はあと少し。その姿が木の間から見えるので,メンバーの表情からから少し安堵感が漂う。
1時に毛無山到着。遠くに最初に登った三平山,途中の金ヶ谷山,白馬山が見渡せる。歩き始めた山からの稜線が見渡せると縦走の達成感がさらに大きくなる。
2015/11/29 13:07

2015/11/29 13:07


最後まで風もなく天気に恵まれた縦走だった。