実施日;平成30年3月24日(土)

参加者;稲居・後藤・橋詰・南場・佐々木克・佐々木比

ルート;港7:27~大元公園~前峠~多々良林道8:47~先峠~八帖岩9:43~岩船岳10:36~御床山~山白山~革篭崎12:35~あての木浦13:20~長浦~須屋浦~下谷浦~御床浦~大川浦~広大植物園16:33~多々良林道分岐~大元公園口~港17:45

概要;今回は、岩船岳から山白山を経由して最南端の革篭崎まで行き、あての木浦から西側を半周する計画だ。所要時間は11時間前後と見込んだ。

順調に進む。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

大江浦分岐を過ぎたあたりで猿に遭遇する。宮島の猿は何年か前に捕獲され、どこかのモンキーセンターへ移送されたはずだが、「はぐれ」が残っていたのだろう。2頭おり、子供も抱えているように見えた。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩船岳を過ぎ、山白山の三角頭が見える。「宮島太郎の会」の整備のおかげで、迷うことなく進む。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

革篭崎へ向けて順調に下り、先端で記念撮影。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

ここからのルートは山道から海岸線に下りたりもどったりを繰り返しながら進む。いい加減疲れた頃にようやく広大植物園到着。ここまで来ればあともう1時間余りだ。とはいえ、ここから舗装路になるため意外と足にくる。神社まで帰ってくると観光客でごった返している。なんとか10時間余りで港着。疲れました。さあ、次はどこの山へ。