日 時  平成30年3月11日(日) 晴れ

参加者  佐々木比,後藤,南場,橋詰

日 程  8:50文化会館駐車場発-9:25烏帽子岳-9:45大黒山-11:05-40竜ヶ岳-12:35大梅山-13:24駐車場

野球用グランドを右に見ながら林道を行くと右手に烏帽子岳への登山口がある。球児たちの掛け声を聞きながら20分も登ると烏帽子岳の大岩へ到着する。大岩に登れるかどうか探る話を聞きながら、大黒山への登りに取りかかる。岩が多くハシゴで岩の上に登る箇所もある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大黒山からは小さなアップダウンを繰り返し竜ヶ岳へ向かう。途中の鞍部では、ここはどこでしょう?と読図を試み,各自の理由付けを楽しみながら最低鞍部へ下る。ここから竜ヶ岳東尾根への登りは急斜面で落ち葉が積もり滑りやすいので要注意。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

竜ヶ岳の頂上から周囲の山々が360度見渡せるが,山の名前が全く判らず準備不足を痛感する。唯一,竜ヶ岳トンネルから西に伸びる高速道路のカーブに見覚えがあった。

 

 

 

 

 

帰りは、途中から大梅山経由で帰る。羅漢岩でまた岩登りの方法のアレコレを聞き、無事広い駐車場へ帰った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA