日 時:2018年2月25日(日) 曇り時々晴れ

日 程:8:40立野野営場発~9:20一ノ谷前尾根取付~11:55下山尾根分岐~12:30黒ダキ山~12:45仏岩13:00~12:20黒ダキ山~13:55下山尾根分岐~16:10小松原橋下山口~16:35立野野営場

参加者:稲居 原田 佐々木克 佐々木比 後藤

 噂には隠れ名山と聞く夏は笹藪の黒ダキ山。山頂は何もないが,その先の仏岩をみてみたい。
雪のある時なら快適な尾根歩きができそうである。

 立野野営場までアイスバーンの路を行き,車を入れる。
橋を渡り,しばらく林道をトラバースするが,単独者の足跡をたどり,つぼ足で行く。
取付尾根まで来るとその足跡はまだ先の林道にすすんでいた。
本来なら尾根をもう少し回り込んでから取り付くらしいが,面倒なので,手前から取り付くことにした。
思ったより雪が斜面に着いていないので,雪と笹の斜面の境を登りやすそうな所を選んでいく。
尾根に出るとテープが出てきた。雪は多くないが,適度にしまっていて歩きやすい。
昨日までは雨予報だったが、薄日も差してきて十方山がよく見える。
夏道合流点を過ぎた頃,後から単独登山者が夏道より上がってきた。長靴に傘という出で立ちである。
林道の足跡の持ち主である。林道歩きに思わぬ時間がかかったそうだ。
挨拶を交わし,先に行ったので,その足跡をたどらせてもらう。やっぱり楽だ。
尾根の雪は南西側の斜面にはほとんどなく,北東側の斜面側には雪庇が張り出ししっかりついている。
日当たりと風向きによるのだろうが,自然の造形の面白さを感じる。
このピークが山頂かと1,2度だまされた後、細い尾根の狭いピークが黒ダキ山山頂だった。
この先の仏岩を目指す。
思ったより下り,鞍部の先に仏岩がみえた。
仏と言うより○○○にみえたのは,不謹慎だろうか?
ヒンズー教では,信仰対象でもあるから,仏岩には間違いない。

先に続く尾根から十方山まで周囲が見渡せる。いつかこの尾根をたどって十方山に行きたいと思う。
単独の方と少し山談義をして,引き返す。
引き返しからみる黒ダキ山は格好の良い三角錐の山頂である。
尾根分岐で目印のテープをたよりに雪庇を崩しつつ,帰路の尾根に降りた。
雪が緩んできて足が埋まるのでワカンを付ける。
最後の急な下りは雪がまだらなのと道が分かりにくいのとで相まって苦労したが,何とか小松原橋に降り立った。
野営場までの林道をぼちぼち帰り,車にたどり着いた。

やはり雪の尾根もいい。
この山行に賛同してくれた仲間に感謝。

                                     記:後藤