日時:2017年4月15日(土)

参加者:成安、佐々木、大西、朝原、井ノ口(計 5名)

コースタイム:高城山登山口8:40~分岐9:00~高城山9:30/9:35~水越峠分岐9:50~蓮華寺山10:55/11:00~安芸中野駅11:50~貫道橋バス停12:00(歩行時間 3時間10分)


瀬野駅に8時過ぎ集合。既に待っていた朝原さんと合流し、スカイレールの駅へ向かう。スカイレールにはあまり乗る機会がないので「160円は高いが乗ってみようか」と発泡酒を買ったつもりで切符を買う。

スカイレールの箱の中から見渡す住宅はみな新しくハイカラだ「みんな若い人達が住んどるんじろうが、こんな高い所に住んどって歳をとって車が乗れんようになったらどうするんじゃろ」と余計な心配をしているうちに終点の「みどり中央駅」に着いた。

高城山登山口には8:40前に着き、早速階段に取り付く。階段が切れると今度は急登になり、登りきると分岐で、左の道は瀬野駅に下る。この頃から雨が落ちだす。2ケ所目のロープを過ぎ、分岐を左に取ると高城山だ。一年来ないうちに東側の樹木が伐採されていて、水ケ丸や小田山、鉾取山が展望できる。

再び分岐まで戻り、コースの中でいちばん厳しい急坂にかかる。鞍部からの登り返しは緩い登りで、のんびりと稜線を歩く。まだ、葉の付いていない木立の間から、見える南側の鉾取山、北側の呉娑々に目をやりながら水越峠の分岐に着く。

稜線上の四等三角点を過ぎると、混浴の温泉の看板があった。見てみると「第二蓮華寺温泉」書いてあった。下を見るとなんのことはない「イノシシ」混浴風呂だった。ということは、「第一はどこに」あった。あった。蓮華寺山手前に大きな温泉が。ご丁寧に頭上の木の枝の「ゆ」とかいた札がぶらさがっているではないか。効能書きまである。このユーモラスな状況に気持ちが和み疲れ忘させる。右に林道の終点を見て、最後の急登で蓮華寺山の山頂に着いた。

今日は、地元の中野公民館主催恒例の蓮華寺山登山の開催予定だったが、朝方の降雨のため中止になったとか。それでも残党の一部が登っていた。

この時間になると、目の前にビールがチラつき、女性二人から挨拶をされたがどこのどなたか思いだせない。これは決して歳のせいではないビールのせいだと信じ、一目散に駆け下り、予約していた知り合いの中華料理店に飛び込み、待望のビールと御馳走でやっと平常心に戻ることができた。

井ノ口記