日時:2017年2月25日(土)

参加者:堀内、後藤、森木、原田、花田、坂田

行程:南光河原駐車場(7:00)~大神山神社(7:30)~元谷~行者尾根~6合目避難小屋(9:30)~頂上避難小屋(10:30)~弥山(11:10)~6合目避難小屋(11:45)~行者谷(12:00)~元谷(12:30)~大神山神社(13:10)~金門(13:30)~大山寺(14:00)~南光河原駐車場(14:10)

ログデータhttp://yahoo.jp/5qEADo

概要

久しぶりに参加する例会は会長主催の大山。前日夜、南光河原駐車場で仮眠する。

翌朝7:00、天気は曇り。昨晩降った雪が薄っすら積もっている。メンバーは全員揃っており予定通りに出発。当初は北尾根を登る予定だったが、雪が少ないため元谷を目指して進む。

元谷から見る大山は雲の中。それでも今日はまだ天気の崩れが少ないと踏んでか、弥山尾根に取り付くパーティが多数連なって登っている。当会は行者尾根に取り付く。

新雪の下は適度に締まっているが、樹林帯は油断すると何度も踏み抜き、私は一人で苦戦。体重のせいなのか、技術の無さなのか、はたまた両方か、などと考えているうちに夏山登山道に合流する。

9:30 6合目小屋に到着。そのままツボ足で頂上を目指す。8合目手前からは風が強くなり、ガスも濃くなるが厳冬期の大山にしたら「好天」の中を高度を上げる。

10:30 頂上小屋に到着。1階の入口から余裕で入れる。しばしの休息後、弥山の頂上で記念撮影、アイゼンを着けて下山開始(11:00)帰りは行者尾根分岐の手前から、行者谷へ向かって尾根道を下る。

途中で金門に立ち寄って、急斜面でのピッケルワークなどをレクチャーしていただきながら、14時過ぎに無事下山。

終始、稜線はガスの中で、その姿を見ることは出来ませんでしたが、久しぶりに雪のある大山を堪能しました。会長、そして参加者の皆さま、ありがとうございました。