日時:2015年1月31日~2月1日  曇りのち雪

参加会員    佐々木克 後藤 堀内

どうも、天気があまりよくない。「どよ~ん」とした空に時折、小雨がぱらついて、はっきりしない。
行くべきか、場所変更するか悩んだが、とにかく出かけることにする。
西条で19時待ち合わせとし、大山に向かう。予想外に道路に雪がなく、まあまあのペースで道後の峠越えとなる。
若い時、何度ひとりぼっちでこの峠を越えて大山に通ったことか・・・
東広島方面からの仲間がいなくて大山での合流のため深々と降り続く雪道を、寂しいおもいをしなが
ら通った若い時を思い出す。あのころは「燃えて」いたなあ・・・

今夜は「鬼」のバス停にテントを張り、早々に眠る。深夜一台車が来たが、あとで知り合いの広島メンバーだったことが判る。
翌朝、南光の駐車場に車を止め、ヘッドランプで大神山神社経由して元谷に入るが、相変わらず「どよ~ん」で大したラッセルもない。弥山尾根に向かう1パーティのトレースを借りて彼らは左尾根に突っ込んでいった。我々は右に向かうが、装備装着で取り付きまで行くころから全くのホワイトアウト状態で「さてどうしたものやら」思案するがどうもモチベーションが上がらない。雪も降り出し数メートル先が全く見えない。
「中止じゃ。山は逃げやーせん。」ということになる。 やれやれ・・・・

帰途、金門の岩場に寄ってみると、斜面に氷が張り付いている。ここで少し遊んで今回は終了とした。

堀内