日程;10月9日(金) 福山SA集合;車→和佐又山ヒュッテ;テント&車で仮眠

10月10日(土) 和佐又山ヒュッテ~笙ノ窟~大普賢岳~七曜岳~行者還岳~聖宝ノ宿跡~弥山小屋~弥山~弥山小屋;弥山小屋泊

10月11日(日) 弥山小屋~八経ケ岳~五鈷峰~孔雀覗~釈迦岳~太古ノ辻~前鬼小仲坊;小仲坊泊

10月12日(月) 小仲坊~垢離取~千手ノ滝~垢離取~小仲坊;タクシー→七重ノ滝→和佐又山ヒュッテ;車→帰広

参加者;後藤・橋詰・槙・佐々木克・佐々木比

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

概要;10月10日  今回は大峰奥駈北部を大普賢岳から歩く。和佐又山ヒュッテ駐車場を出発、鉄はしごや桟橋を登り、大峰奥駈道と合流し大普賢岳着。急斜面を下り、縦走開始だ。七曜岳を過ぎると、極端に人が少なくなる。淡々と進む。行者還岳をピストンして行者還避難小屋へ。行者還トンネル西口から弥山への登山道と合流すると、多くの人と出会う。弥山への日帰りの人達だ。理源大使像がある聖宝ノ宿跡を過ぎると急登が始まる。急坂や急階段に耐えて弥山小屋着。小屋へ入る前に弥山山頂をピストン。ちょっと雲行きが怪しい。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10月11日 昨夜からの強風と雨が続いている。カッパを着用し、覚悟を決めて出発。風はそれなりに強いが、雨は小降りになっている。八経ケ岳頂上も展望がない。雨は上がったが、気温が低く時折風も強く吹くのでカッパは脱げない。五鈷峰の巻道は少々厳しいが、笹に覆われた快適な縦走路はシロヤシオが赤く染まっている。橡ノ鼻では赤や黄色に彩られた岩峰群が見える。ようやく釈迦如来像のたつ釈迦ケ岳着。順調に進み太古ノ辻へ。ここからは下るだけと思ったが、甘かった。急階段や沢を渡ったり、結構疲れた。小仲坊が見えると、宿のジンくん(小柴犬?)が賑やかに吠えて迎えてくれた。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10月12日 今日は裏行場である垢離取場と千手ノ滝へ行く。垢離取場の通過は靴を脱ぎ渡渉した。ちょっぴり修行になったかも。和佐又山ヒュッテへ戻る途中で七重の滝を見学。中々の迫力でした。さあ、次はどこの山へ。