RIMG0092日時:2015年8月29日 曇りのち小雨

戸河内道の駅7:30集合 恐羅漢エコロジーキャンプ場    8:30~田代出合入峡10:15~  堰堤13:05 堰堤13:30~夏焼のキビレ14:40~キャンプ場駐車場15:15 解散

参加会員 佐々木克 後藤 清家 槙 橋詰 堀内

久々の奥三段峡の係となり、戸河内道の駅に集合。すでにおむすび屋さんで朝食を食べている清家さん槙さんと会い、ほどなく克さん、ごっちゃん、はっしーとも合流。恐羅漢エコロジーキャンプ場へ。本来なら田代出合まで、車を回す予定だったが、このまま牛小屋谷を下って田代出合まで歩こうということになる。わりと道も荒れていなくて、10時すぎには取り付きに。そそくさと準備を整えてじゃぶじゃぶと歩き始める。先日来の雨でやや水量は多めだが、一名の「アイアンハンマー」以外は水大好きで、思い思い、へつったり泳いだり。

今日のメンバーには少し物足りなかったかも。F2は高巻いたものの他はすべてフリーであれれという間にどんどん抜けて行く。         滑床を過ぎたあたりから少し曇ってきたが何とか持ちそうなので最後のF13は寒いのではっしー以外は左岸の岩上へ。            半泳ぎのへつりから上部へ抜け、ここで昼食とする。                  RIMG0090

堰堤上部の河原でそれぞれ着替えや休憩を挟んで13時過ぎに中の甲林道経由で夏焼けのキビレへ。結構長い歩きにそれぞれ、足の痛い人、黙々と歩く人、ず~っとしゃべり続ける人。雨は少し本降り気味になってくるが、樹林帯の中はさほど濡れることもなく、キャンプ場駐車場へ。夏休み最後のキャンプ場は雨にも関わらず、そこそこ利用者が集まっていた。

それぞれ着替えたり、トイレ休憩を済ませ、今回の山行を終える。

お疲れさまでした。

RIMG0094

PS・今回はF2を高巻いたのですが、水量や状況によっては突破も楽しいかもしれません。但し自身もまだ経験していません。

泳ぎと左岸の直登に自信ある人はぜひ、チャレンジしてみてください。  堀内