日程    平成 25 年 5 月 3 日(金)~5 日(日) 担当    槇
参加者  槇 川脇 馬屋原 中村 会員外 1 名天気   晴れ記録   中村

5 月 3 日早朝馬場島着仮眠 テントを設営し朝食  コーヒータイムの後 ブナクラ谷方面へてんぷらの  具材を求めて山菜採りに 登山道脇には カタクリイワウチワ ニリンソウ イワナシ マンサクの花
々が咲き 蕗のとう 莇 いたどり つくし等の山菜を採りながらブナクラ谷の取り付きを確認し、テント場に U ターン 時間があるので早月尾根の松尾平まで行く事になり、ここでもカタクリ、イワウチワキバナイカリソウ 赤いマンサクの花達を観ながら ゆっくり のんびり周辺の景色を堪能
5月4日 大熊山登山 4時起床朝食後 駐車スペースまで車移動(3日登山口の確認に行き 帰り道のしんどさに車移動に決定)  駐車スペース周辺には ニリンソウ キクザキイチゲの花が咲き乱れ花の山の予感いよいよ剱岳展望台の山に向けて出発。コット谷林道のヘアピンカーブについている赤いリボンをやり過ごし 少し歩くと石積みのケルンがありそこが登山口 いきなりの急登 急登の連続、でも登山道にはイワウチワの花が、足の踏み場も無い位咲き乱れ 立山杉の巨木が「こっちだ こっちだ」と案内する様に尾根筋の登山道沿いに立ち、良い目印になります。とても立派です。千年杉でしょうか?二千年杉でしょうか? 初めて見るフサザクラの花や三つ葉黄連の花(多分)もあり、急登の苦しさを忘れます。1200 メートル近くになると雪が出てきました ここでストックからピッケルに、アイゼンは着ける程でも無く大熊山まで気持ちの良い雪の稜線歩きです 切れ落ちた処では緊張 少し広い処では小窓尾根や、大日連山の景色を観ながら・・・熊の足跡にも遭遇 私達の喧しさに慌てて逃げたのか、乱れた大きな熊の足跡でした だから大熊山???
山頂では剱の頂上だけ雲に隠れて見えませんでしたが、毛勝 猫又 赤谷 前剱 小窓 大日 薬師 ブナクラ乗越の間からは後立方面 遠くは白山辺りまで 360°の展望 景色に見とれてしまい集合写真を撮るのを忘れてしまいました 本当にお薦めの山です。
下山は「これ垂直よね」と思う様な急坂を、転ばない様、滑らない様、落ちない様、細心の注意を払って下り 林道からはのんびりコゴミを採りながら駐車スペースまで
5 月 5 日 中山登山予定でしたが、大熊山からの景色を観た後では感動薄いかも・・・と云う事になり登山中止 急遽槇さんの絵手紙教室に変更 全員ストックを絵筆にもちかえて奮戦 奮闘!!??
好天に恵まれ、メンバーに恵まれ、山 雪 花 絵手紙 ご馳走と楽しさてんこ盛りの山行でした

コースタイム
駐車スペース→ 登山口(710m)  →  1100m →  1264m  →   1462m →   大熊山 1628m)
( 6:00 )        ( 6:21 )    (7:20~7:25)    ( 8:21~8:35)   (9:55~10:15)   (10:45~11:04)
1500m  →   1264m ~ 登山口 ~ 駐車スペース
(11:24~11:30)      (12:06)     ( 13:35)      (14:20)
個人山行
赤谷山   2013.5.3~5

参加者  :坂本 会員外2名 計3名ルート :5/2(木)夜 広島出発⇒馬場島(仮眠)
5/3(金)馬場島~ブナクラ谷~右股~赤谷山直下(2070m)地点泊
5/4(土)テント場~赤谷山~テント場
5/5(日)テント場~ブナクラ乗越~ブナクラ谷~馬場島⇒帰広

今回の山行は時計もカメラも忘れてしまう。という、会報原稿を書くには全くありえない緊張感のなさのまま始まりました。ごめんなさい。
GW後半の週間予報、下界は晴れマーク☀が続く。「こんなGWはないよねー」といいつつ、案の定、日本列島上空には寒気団が居座るという。「あー、やっぱり山の上は天気はよくないかねー」といいながら、あまり期待せず広島を出発する。
2年前の早月尾根は事前予習が足りず、ゲートがしまってるため伊折から馬場島まで歩く羽目になった。今回は土木事務所のHPをちゃんとチェックして、ゲートが開いてることを確認済み。安心して、馬場島まで入る。夜中3時頃到着。駐車場はほぼ、満車。とっととテントを張って爆睡する。朝、槇さんたちの車と合流するも、お喋りはほどほどに朝食を立食
してGO。

【1日目】
雪山は「行っても、行っても状況が違う」のとおり、前回のブナクラより私には雪が多い。同行のお方には「わしのときより、雪は少ない」らしい。前回は満開のカタクリを踏み散らかしながら、へつって行ったのに雪がしっかりあって、沢沿いに雪上を進める。ラッキー。
1か所だけ、微妙なスノーブリッジを渡る羽目になったが、クリアー。「帰りまでもってくれるかな?」と心配だったが、帰りはスノーブリッジは渡らず、夏道通しでクリア。
快適にブナクラ谷をドンドン進む。この調子なら、本日中に赤谷山に行けるか?右股の斜面に取付き、高度を稼いで行く。なんか、靴のトレースの横に??なトレース。そして人間様とは思えない、大量なウ○コ。「あー、熊の足跡じゃー」。「もう、目が覚めたんかい。まだ、雪がいっぱいで、食べるものはないよー」と、思いつつ、1度見た、熊の足跡はその後、いろんなとこで遭遇。もう目が覚めてしまったものは、寝れないのか??何頭かはうろついてるようだ。
高度を上げていくうちに、段々、風が強くなってくる。うー、稜線はもうすぐだ。でも赤谷山の頂上は赤谷尾根を上がったとこ。稜線にはでたが、頂上はまだだ。もう廻りはガスでよく見えない。地図を確認すると、頂上まではもうひと踏ん張り。そして、ここはテントを張るにはいい感じ。「ここでテント張りましょう」
夜中まで風が強い。

【2日目】
目覚ましの音には誰も気づかず、寝坊する。朝から天気は良くない。向い側の後立山は良く見えないし、もちろん赤谷山頂上も見えず。近くにテントを張っていた3人組はもう出発している。私たちもトレース追っかけ、出発。
「剣見るなら赤谷山よー♪ 」の唄を口ずさむが、頂上は真っ白。早月尾根すら見えない。時々、チラッとガスが消えかかるが、本峰は全く見えずじまい。赤谷尾根から1組あがってくる。北方稜線に行くそうだ。天気が悪いから気をつけてね。
待っても本峰は現れないので、テントに戻る。なんだかガスってるし、やる気なし。まだ、9時前だというのに、今日はやーめた。白ハギから天気が悪いので下山してくるパーティーがいる。私たちは?下山するには十分な時間はあるが、まだ山の上に居たい。ここにもう1泊。
それからブロックを積んだり、お茶したり、昼寝したり。。。。。あっという間に夕飯どきに。
天気予報だと、今晩は崩れるが明日は晴れるらしい。いつもの「下山時は晴天」の法則にな
らっている。テントにパタパタ雪が降りかかる。

【3日目】
やっぱり、今日は大晴天。後立山の稜線は美しい。
ブナクラ乗越までの稜線も真っ白でピシャーとして気持ちいい。名残惜しいが下山。
取水口まで降りたら、フキノトウが出始めている。手ぶらで下山しては、セアカゴケグモ隊(堀内会長が命名す)に怒られる。と目をキョロキョロさせるが、取られた跡がたくさんで本体は少ない。案の定、初日に早速、セアカゴケグモ隊によりこの辺りは採取済みのようだ。
馬場島に着いたら、「これから、天ぷらよー」と温か
い声。私たちの採ったフキノトウの出番はないくらい、コゴミ、イタドリ、アマナ、ツクシ、タラの芽、フキノトウ。。。。。。が、たーくさん。お風呂に入って、天ぷらを食べるだけ食べて。
いざ、帰広。

今シーズンの雪山、おしまい。

記 坂本